賃貸オフィスは長い目でみた会社の利益を考えて選ぼう

ネットで検索してみよう

賃貸オフィスを利用したいと思っていても、どこが良いのか迷ってしまうと思います。そのような場合は、条件に応じて絞り込んでくれるネットの検索を活用することも選択肢の一つです。

賃貸オフィスを利用する際に必要なもの

  • 法人謄本(会社をすでに起業している場合)
  • 会社の概要がわかる資料
  • 決算書
  • 代表者の身分が証明できるもの
  • 連帯保証人の身分が証明できるもの

賃貸オフィスは長い目でみた会社の利益を考えて選ぼう

男の人

圧倒的な情報量が多い業者を

有名な大手が情報量が多いとは限りません。自分の希望としている条件で物件が多いかどうかが重要になってきます。例えば、地域限定で検討している場合、そのエリアに特化している業者を選ぶと選択肢が広がるでしょう。

耐震基準を確認しよう

オフィスを借りる際は、その事務所が耐震基準に達しているか必ず確認しましょう。安全面は最重要の項目です。現代では当たり前のことですが、意外と抜けてしまうところなので、注意して下さい。

便利な立地にあるオフィスを

利便性の良い所にある賃貸オフィスだと、自然に仕事を進めやすくなります。実際に働く社員も通勤に頭を悩ませることが少なくなりますし、取引先も利用しやすいので双方にメリットがあると言えます。

ある特定の業種が集まっているところ

取り引きをする会社が多い場合は、あえてその会社の近くにオフィスを借りることも良いでしょう。お互い時間のロスが少なくなるので、仕事の効率が上がります。また、事務所付近の情報を教えてくれることもあるでしょう。

賃貸オフィスを探すときに注意したことは?

築浅にしました

とにかく耐振性が重要だったので、年数の浅いオフィスを借りました。長くいる予定ですし、これから先安全面にあまりお金をかけなくてすむので良かったと思っています。